小河知夏劇場版 語り劇「 節分 」作:あいる華音

火9 番組アーカイブ

節分は立秋の前日のことを言います。2012年は立春が2/3なので節分は2/2なんですって。 旧暦では立春がお正月でしたから、節分は大晦日みたいな感じ。厄払いの日なんですね。 鬼は目に見えない自分の心の中にいる、卑しさ、愚かさなどの気持ちや、 病や災害、飢餓など、人間にはどうにもできない想像を超える災いが起こった時に、これを鬼に例えて厄払いをしていたそうです。 今年は新型コロナウィルスという災いが。 「鬼は外!福は内!」 元気に声をだして、気分もスッキリ!! 「立春大吉」で参りましょう~!!
語り劇「 節分 」 作:あいる華音 
脚色:小河知夏劇場 
語り:小河知夏

小河知夏劇場版 語り劇「 節分 」 原作:あいる華音


「想像力のスクリーンに映る まるで映画のような語り劇」日本は世界的にも珍しい語り芸の盛んな国です。 小河知夏劇場は、朗読でも読み聞かせでもなく「語り劇」専門のひとり劇団です。 落語のように1人で何役も演じ分け、舞台セットがなくても語り師がいる場所が舞台になります。 語り劇という新たなジャンルの語り芸エンターテイメント 是非、チャンネル登録おねがいします★

コメント

↓公演・イベント 最新情報をチェック