fbpx

月イチzoom劇場

「小河知夏劇場」ならではのオンライン演出で、毎月ひとつ名作文学が映像作品のように見られます。

月イチzoom劇場

【月イチzoom劇場】4/12(水)19時30分「星の王子さま(前編)」5/9(火)19時30分ん「星の王子さま(後編)」(サン=テグジュペリ原作)

サン=テグジュペリ 星の王子さま いよいよ月イチZoom劇場に登場! あの不動の名作。小河知夏劇場でもリピートのお客様が止まない作品が「星の王子さま」。星の王子さまは、世界中で愛されている名作中の名作です。そして、この物語は生きて行くうえで大切なメッセージを、まるで星の瞬きのように優しく私たちに降り注いでくれます。語り劇の良さは、そのメッセージを「自分のこと…→【記事を読む!!】
月イチzoom劇場

【月イチzoom劇場】3/23(木)19時30分 犬丸りん 原作『恋しき人の顔は見えねど』

桜を見上げた時、そこには「 物語 」がある 1年に1度、桜の咲く頃、みなさんはどんな想い出を思い出しますか。家族と見上げた桜、好きな人と見上げた桜、哀しい出来事があった時に見上げた桜・・・桜の舞い方、散り方がこんなにも感情次第で見え方が違う花があるでしょうか・・・私は、とても”哀しい時”に見上げた桜は白黒にみえました・・桜なのに・・散りゆく姿が切なくて切なく…→【記事を読む!!】
月イチzoom劇場

【月イチzoom劇場】1月2月は 森鴎外 原作『舞姫』1/26(木)前編、2/17(金)後編 、19時30分~

日本の文学を語るのに森鴎外は外せません! 森鴎外は日本の明治、大正期の小説家であり、翻訳家でもあり、教育者でもあり、陸軍軍医でもあり官僚でもありと、様々な面をもっています。小河知夏劇場でも語らせていただいている「吾輩は猫である」でお馴染みの夏目漱石も森鴎外を慕い、森鴎外が住んでいた家に引っ越してきたくらいです。太宰治のお墓も森鴎外のお墓と同じお寺のすぐ近くに…→【記事を読む!!】
月イチzoom劇場

月イチzoom劇場】12月は太宰治 原作『 メリイクリスマス 』12/13(火)19:30

太宰が住んだ大宮 探索ツアー 2021X’mas~名作「人間失格」を生んだ街のクリスマス~ 太宰治が、人間失格を脱稿したのが大宮だということを皆さんご存じでしょうか。しかも、亡くなる前日に訪れていたのが大宮にある旧宇治病院宅だったということを。昨年のクリスマスに郷土史家の玉手洋一氏が企画した探索ツアーにて、この旧宇治病院宅にて太宰治の「メリイクリスマス」を語…→【記事を読む!!】
月イチzoom劇場

【月イチzoom劇場】11月は宮沢賢治 原作『 語り劇版 注文の多い料理店 』11/17(木)19:30

鎌倉公演で満員御礼となった「注文の多い料理店」が月イチZoom劇場で初登場! 今年3度目開催、あの鎌倉五山浄智寺での【オテラシアター】で大人気だった宮沢賢治の「注文の多い料理店」を月イチZoom劇場にて初登場!大人から子供まで幅広い年齢層に楽しんでいただける作品です☆ 生前唯一自費出版した物語「注文の多い料理店」 好きな作品は何ですか?と尋ねると一番多いのが…→【記事を読む!!】
月イチzoom劇場

【月イチzoom劇場】9月は星新一 『 語り劇版 ボッコちゃん/おーい でてこーい 』9/20(火)19時30分

ショートショートの神様 星新一 SFを中心に生涯1000編を超える作品を執筆されている星新一さん。星新一さんの作品との初めての出会いは国語の教科書。教科書っていろいろな作品が載っていますが、その中でも星新一さんの作品は、短いお話の中にちょっと不思議な、ちょっとへんてこりんな、「ふふふ」と思わず笑ってしまう面白さがあり、子どもながらに凄く印象に残っていました。…→【記事を読む!!】
月イチzoom劇場

【月イチzoom劇場】8月は宮沢賢治 原作『 語り劇版 よだかの星 』8/8(月)19時30分

自然を愛する宮沢賢治 好きな作品は何ですか?と尋ねると一番多いのが宮沢賢治作品です。「銀河鉄道の夜」「セロ弾きのゴーシュ」「注文の多い料理店」「雨にも負けず」その他にも短い童話もたくさん書いています。宮沢賢治の作品は読んだ後に自然豊かな森や川、そこに住まう生き物たち、そして満点の星空・・その美しい自然を思い出し、自然と共に生きる暮らし方をそっと教えてくれます…→【記事を読む!!】