ナツログ

小河知夏のつれづれブログ

ナツログ

伊藤泰雅展 イベント【作品の源泉】ロマン・ロラン原作「ジャン・クリストフ」を語る!

まだ余韻が残る静かに雨の降る火曜日・・・。週末、伊藤泰雅展 イベント【作品の源泉】にてノーベル文学賞を受賞したフランス作家 ロマン・ロラン原作「ジャン・クリストフ」を語りました。 今回のイベントのきっかけは、画家の伊藤泰雅さんが小河知夏劇場「語り劇版 吾輩は猫である」の公演を観劇くださったときに、自分の個展でも物語を語ってもらえたらと感じてく…→【記事を読む!!】
ナツログ

夏休み!宮沢賢治原作「よだかの星」終演いたしました!

子ども達に名作を聴かせたい!というコンセプトで開かれた語り劇!贅沢にも、宮沢賢治作「よだかの星」宮原晃一郎作「虹猫の話」新見南吉作「蟹のしょうばい」3本立てでした!実は、この3人。同じ時期に童話を書いていました!(そんなつながりが!)新見南吉は宮沢賢治の童話が大好きでした!そんな作家のつながりや作家がどんな人生を歩み、どんな時代を生きていたのかを知るとその…→【記事を読む!!】
ナツログ

clubhouseで声優体験!みんなで演技してみよう♪

clubhouseは音声で語り合うので、声がその人の印象が決まります!面白いですよね~!なので、話し方の特徴やテンション、活舌でその方のイメージがつきます。私は元々声優なので「この人の声って素敵だな~♪」と声の特徴に耳がいきます。リアルで会う人は、今顔は笑ってるけど、心の中では笑ってないな~なんてことも声から気づいたりします。今はマスクの時代なので、今まで…→【記事を読む!!】
ナツログ

「終活」を考えたことがありますか? 最高の遺書、遺言状とは

遺書や遺言書というとどんなものを思い浮かべますか?家族への気持ちを形にして遺しておくことはとても大切です。亡くなる前に、遺された方に伝えたいことをちゃんと伝えておくことは、遺された方のこれからの人生をも左右します。「伝えなくても分かってくれるだろう」そんなことは決してありません。人はひとりひとり感じ方も考え方もが違うのですから。遺された方がその後の人生を快…→【記事を読む!!】
2021.04.19
ナツログ

3.11 あの日の夜、満天の星空だった

なぜか夜中にふと起きてしまい、つけた番組がNHKの「あの日の星空」3.11の夜、地上の惨劇とは裏腹に満天の星空だったことを10年目にして初めて知りましたその見上げた星空があまりに美しくて「こんな状況でも綺麗だと思えるんだ」「自然にはかなわないな・・」「あの星空の中に流された家族がいるかもしれない」とひとりひとりがいろいろなことを思いながら見上げた星空・・私…→【記事を読む!!】
ナツログ

小川千夏 じゃなくて 小河知夏 です(笑)

わたしのことを検索してくださる時「おがわちなつ」と聞くと「小川」「千夏」だと思いますよね。自動変換するとそうでてきますもの。そうするとね、3人くらい若い女の子がでてくるのですよ~!笑アイドル?グラビア?(爆)!意外といるんですね「おがわちなつ」さん!わたしの「おがわ」のかわは、河童の「河」です~!そして。「ちなつ」の「知」は知覚過敏の「知」ですよ~!笑『河…→【記事を読む!!】
ナツログ

台湾旅行のベッドは最高だった!

語り仲間女子3人で台湾旅行に行ってきました!ふかふかのベッドは飛び跳ねたくなりますね。笑旅行のベッドは大事!ぐっすり眠れて次の日もたくさん歩けるというものです!ママになってから初めての女子旅「 台湾 」は、食べ歩き!パワースポットめぐり!満喫した2泊3日でございました~
2020.01.12
ナツログ

台湾のおにぎり

台湾では、食べ物屋さんがいたるところにあって早朝から元気に営業している。夜市もやっているのを見ると日本より活気のある国だな~と思う。 日本人は、いつも疲れているイメージがある・・(苦笑)それは、人に気を使いすぎているからではないだろうか。海外に行くと、あまりお客に気を使いすぎていなくてフレンドリーに話しかけてくれる。私の幼いころは日本もそうだった。「…→【記事を読む!!】
2020.01.17