fbpx

【月イチzoom劇場】7月は河童忌🍒芥川龍之介 原作『 語り劇版 杜子春 』7/21(木)19時30分

月イチzoom劇場

7月24日は芥川龍之介の河童忌

河童忌は芥川龍之介の命日です。生前好んで河童の絵を描き、また、作品に「河童」があることからつけられました。
芥川龍之介というと皆さんはどんな作品を思い浮かべますか?「蜘蛛の糸」や「杜子春」の名前は聞いたことはあるのではないでしょうか?
私は小学1年生のときに初めてアニメでみた「蜘蛛の糸」は衝撃的でした・・地獄絵図を思い浮かべてというのも勿論あったと思いますが、それよりも自分の裏の感情に気がついた瞬間だったからでしょう・・”私が犍陀多だったら””・・あの究極の場面でどうしただろうか・・そんなことを考えたら眠れなくなったのです・・・「蜘蛛の糸」「杜子春」は児童文学として書かれたものらしいですが、すごい気づきと学びが多い作品です!心の奥底にある自分の感情と対話するのですから。
今の時代、大人の方が、まるで僧侶の説法のようにこの作品に触れる時間は大切なのではないかと感じています。大人だからこそリアルに感じ心に響く作品です。
なんと?!YouTube大好きな5歳の男の子も90分も語り劇を観劇できました!お子さまがいる方はぜひ親子で「名作」を聴いてほしい!

大正の文豪 短編の天才!!芥川龍之介 

芥川龍之介作品は、短い文章の中でありありと情景が鮮明に思い浮かび、人間の心情、特に「醜い部分」や「浅ましさ」を隠さずに描いているところが本当に素晴らしく共感が生まれます!人には話さないけど心の中で思っていることこと・・ありますよね(笑)でもそれは人間には誰しもある部分ではないでしょうか。しかも、文章がとても美しい・・性善説と性悪説の両方を描いている芥川龍之介の作品の大ファンです!

太宰治は「芥川龍之介 」の大ファンだった!

ファンといえば芥川龍之介の熱烈な大ファンだったのが太宰治です。中学時代から芥川作品を読み、講演を聞いて大熱狂していました。そういえばこの写真、なんだか真似ているような(笑)そして、芥川龍之介の息子 芥川比呂志は、なんと!太宰治の大ファン!繋がっていますね~!

芥川龍之介は中国古典文学を愛読していた

小さな頃から西遊記や水滸伝を愛読していた芥川龍之介。今回お届けする「杜子春」。実は古代中国の伝奇小説が元ネタになっています。杜子春伝(とししゅんでん)は「唐代伝奇」の一つです。原作の杜子春伝と芥川龍之介の「杜子春」では最後の結末が大きく変わります!愛情か約束か・・どちらが大切でしょうか。私は個人的には芥川龍之介の「杜子春」に共感し心打たれます。

芥川龍之介 生誕130周年!

今年は、芥川龍之介 生誕130周年です!それを記念して「田端文士村記念館」では「芥川龍之介と共に歩んだ家族の物語」「芥川龍之介と太宰治」という素晴らしい企画展示をされております!!
私も見に行ってきましたが絶対おすすめです!!田端駅から徒歩5分くらいですので是非足を運んでみてくださいね!

田端文士村記念館 : 北区文化振興財団