小河知夏劇場版 語り劇「 はだかの王さま~中編~ 」作:ハンス・クリスチャン・アンデルセン

火9 番組アーカイブ

大人になるにつれて人の目線が気になり始めますよね。自分はどんな風に見られているのか、どんな風に見えているのか。よく見えたい、魅力的に見えたい。心の奥底にそう思わない大人は果たしているのでしょうか。だんだん、そんな鎧を1枚2枚と脱ぎ捨てられたとき、魅力的な大人に成長できているような気がします。
語り劇「 はだかの王さま」
作:ハンス・クリスチャン・アンデルセン
訳:大久保ゆう 
脚色:小河知夏劇場 
語り:小河知夏

小河知夏劇場版 語り劇「 はだかの王さま~中編~ 」原作:ハンス・クリスチャン・アンデルセン

「想像力のスクリーンに映る まるで映画のような語り劇」 日本は世界的にも珍しい語り芸の盛んな国です。 小河知夏劇場は、朗読でも読み聞かせでもなく「語り劇」専門のひとり劇団です。 表情と台詞だけで物語を想像する語り劇は、聴き手の想像力を刺激し表現力も高めます。 落語のように1人で何役も演じ分け、舞台セットがなくても語り師がいる場所が舞台になります。 語り劇という新たなジャンルの語り芸エンターテイメント 是非、チャンネル登録おねがいします★

コメント

↓公演・イベント 最新情報をチェック