2021-02

公演・イベント情報

小河知夏劇場 ~ 春祭り ~

絶景の桜を観に想像旅行へ 春には綺麗な花々が蕾をつけ、そして花開く。その景色を見ると何とも言えず心が躍りますね。その中でも「 桜 」の景色は格別です。春になると、毎年この景色を心待ちにしています。これは、日本人の性でしょうか。美しいだけでなく、どこか儚く切なさもある桜の風景を・・そんな綺麗な桜の景色が、頭の中いっぱいに思い描かれる作品を、2022年の…→【記事を読む!!】
2022.03.10
講座レポート

絵本の語り方講座 オンラインと現地で同時開催!

現地とオンラインでお客様と繋がった発表会! 半年間準備してきた発表会!無事に終演いたしました!ありがとうございました!語りは、伝えて初めて意味があります。なので、中止にはしたくありませんでした・・物語と向き合った時間、築き上げた想い。そして発表会を楽しみにしてくださった方に届けたい。そこで、今回は現地とオンラインの”ハイブリット”での開催に踏み切りま…→【記事を読む!!】
2021.04.15
火お昼 番組アーカイブ

日本昔ばなし「 鶴の恩返し ( つるの恩返し )」【 語り劇 】

冬の美しい「雪景色」と美しい「鶴の舞う」情景を想像することができる『鶴の恩返し』 冬に聴きたい昔ばなしですよね 「恩返し」がテーマとなっているこの作品 困っている人がいたら助け、助けてもらった人は「ありがたいな~」「うれしいなあ~」と感謝し「いつかこのご恩を返したい」と、その方が困っていた時に、今度は自分が助ける そんな温かい気持ちの循環ができたら 大変な…→【記事を読む!!】
2021.04.09
火お昼 番組アーカイブ

日本昔ばなし「招き猫になったネコ 」【 語り劇 】

みなさんの周りのカフェや喫茶店でも猫ちゃんがいるお店があると思うのですが その猫ちゃんに会いたくてお店に通っている方も。笑 さて今日の物語の猫ちゃんはどんな猫ちゃんでしょうか^^ さて、招き猫の由来をご存じでしょうか??いくつか由来があるみたいなのですが 井伊直孝が鷹狩りで世田谷の『豪徳寺』の前を通ると 豪徳寺の門前に猫がいて「こっちこっち」と招いています…→【記事を読む!!】
2021.04.09
火お昼 番組アーカイブ

京都府民話 「 西宮エビスは丹後の泣きエビス 」【 語り劇 】

日本中には、民話がりそのお話を聴くとゆかりの地がまた違った輝きを見せます 今日のお話は京都の民話です。 「あれ??京都の民話なのに、西宮(兵庫)の恵比寿さま??」 ふふふ♪ぜひ、ご覧になってくださいね!! 西宮エビスは丹後の泣きエビス 福娘童話集から 脚色 小河知夏劇場 語り 小河知夏
2021.04.09
火お昼 番組アーカイブ

日本昔ばなし「 青テングと赤テング」【 語り劇 】

天狗は日本で有名な妖怪ですね。私は幼いころ、初めてゲゲゲの鬼太郎で存在を知りました。笑 名前は知ってるけど、よく知りませんでした。 赤くて、鼻が長くて、空を飛べて、うちわを持っている・・ 外国人を昔はそう呼んでいたとか??色々な説がありますね^^ 今回のお話は、いたずら好きな天狗のおはなし。 天狗に青もいたんだね!(爆) 青テングと赤テン…→【記事を読む!!】
2021.04.09
火お昼 番組アーカイブ

日本昔ばなし「ウサギの目が赤いわけ 」【 語り劇 】

ウサギの目が赤いわけ、みなさん知っていますか~?! 日本中には色々な民話があります^^ ウサギの目が赤いわけは「大阪」の民話ですが。くすくすっと笑ってしまいます。 楽しい気分になりたいときにおすすめの民話です! ウサギの目が赤いわけ 福娘童話集から 脚色 小河知夏劇場 語り 小河知夏
2021.04.09