公演・イベント情報

語り劇「吾輩は猫である」を令和元年の暮れの浅草で上演

あの「吾輩は猫である」を小河知夏劇場が丸ごと“語り劇”として上演。10月に満席御礼となった舞台を今回は平日に再演します。 この日浅草寺では年末恒例の「羽子板市」が行われ、夕暮れからライトアップされた美しい羽子板を見て歩くのも楽しい日。「猫」で明治時代にタイムトリップして、そのまま江戸の師走を感じるなんていい風情じゃぁありませんか…→【記事を読む!!】
2019.12.23
公演・イベント情報

【公演・イベント】スケジュール一覧

★ オンライン zoom 語り劇本公演「星の王子さま」  2020/12/11(金) 午後8時~10時木戸銭:2000円 ★小朝さんや林家正蔵も巣立っていった42年間続けている落語会開催の浅草・江戸料理「櫻田」で「吾輩は猫である」を上演!2020/12/13(日) 午後4時~5時30分木戸銭:2500円 ツイキャスプレミアム配信も同時…→【記事を読む!!】
2020.12.01
火9 番組アーカイブ

「ただ、眠いだけなのに」(原作:あいる華音「ただ、眠いだけなのに」)

子供のころよく催眠術ごっこなんてしていませんでしたか?5円玉に糸通して、友達の前で揺らす。ただ、それがしたかっただけなんですけどね(笑)すごく盛り上がった記憶があります。友達も催眠術にかかったふりをしてくれて。 1度でいいからどんなものか、かかってみたい気もしますね。 今回のお話は、「ただ眠いだけなのに」学生の頃の教室を思い出しながらお聴きくださ…→【記事を読む!!】
2020.01.12
火9 番組アーカイブ

「僕の冒険記」(原作:あいる華音「僕の冒険記」)

小学生の頃はどんな漫画の週刊誌を読んでいましたか? 女の子は「りぼん」や「なかよし」(私はりぼん派でした。笑) 男の子は「ジャンプ」や「コロコロ」が流行っていましたね~。 どうぞ漫画の世界にのめり込んでいた、幼少時代を思い出しながらお聴きください!
2019.12.23